旅行

一度は行ってみる価値がある軍艦島

廃墟を見にいきたいなら軍艦島へ行ってみたらいかがでしょうか。私が今まで行った観光地の中でも印象が残っている観光地です。

廃墟と言っても怖い感じではなく、観光客が安全に通れるように歩道が整備されており、ガイドさんが軍艦島の案内をしてくれるので、その当時の様子を説明してくれるので軍艦島を知らない人でも楽しむことができます。

2015年にユネスコ世界遺産に登録されて、観光地として行ってみたいと思った方は増えたのではないでしょうか。

今回は軍艦島について紹介しようと思います。

軍艦島(端島)とは?

軍艦島の通称名で本当の名前は端島と言います。軍艦島は長崎県長崎市(旧西彼杵郡高島町)にある島です。

軍艦島は明治から昭和にかけて炭鉱で栄えた島で、最盛期には東京よりも人口密度が高かったこともあります。

主要エネルギーが石炭から石油に代わり、石炭が売れなくなったことから1974年(昭和49年)に閉山しました。閉山に伴い、人口は減っていき、現在は無人島となっています。

2015年には軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録されました。

軍艦島の凄いところ

  • 日本一のテレビ普及率
  • 世界一の人口密度
  • 日本最古の鉄筋コンクリートアパート
  • 世界一の海底水道

日本一のテレビ普及率

軍艦島が栄えていた当時、テレビは高価であり、簡単に購入できるものではありませんでした。しかし、その当時の炭鉱員の給料は高く、生活水準も高いこともあり、ほぼ全ての家庭にテレビがありました。

世界一の人口密度

軍艦島は最盛期であった1960年の人口が約5,151人です。島の大きさは0.063㎢なので1㎢あたり約81,761人いることになります。

その当時の日本一はもちろん世界一の人口密度だったそうです。

それだけ炭鉱が栄えていたのが分かります。

日本最古の鉄筋コンクリートアパート

世界一の人口密度の住民がどう住んでいたのか?と疑問に思うかもしれません。

軍艦島の住民は鉄筋コンクリートアパートに住んでいました。狭い島に家一軒ずつ島内に建てていたら敷地がなくなってしまいます。

住居はもちろん小学校や中学校、保育所までが鉄筋コンクリート構造となりました。1957年に鉄筋コンクリート構造の小中学校が完成し、1961年に7階まで増築し、1階から4階を小学校、5階と7階を中学校として使用しました。

また、敷地が狭いこともあり、緑も少ないので土地を活用するために屋上には庭園が造られました。これが日本初の屋上庭園だったそうです。

その当時はエレベーターはないので、上層階に住んでいた方は大変だったでしょうね。

世界一の海底水道

軍艦島は土地も少ないですが、水にも困っていました。1955年に海底水道が完成し、安定した生活水を得るために2本敷節されました。

それまでは「水券」と引き換えであり配給だったようです。

料金

軍艦島は単独では上陸できません。上陸するためには軍艦島上陸ツアーに参加することが必要になります。WEB上で予約ができるので、前もって予約してから行った方がいいと思います。

軍艦島クルーズ3社を紹介

軍艦島コンシェルジュ

【乗船料】

平日特定日
大人4,000円4,500円
中高生3,300円3,800円
小学生2,000円2,500円
未就学児1,000円1,500円
※特定日:土日祝日 / 春休み:3月20日~4月7日 / GW:4月28日~5月6日
夏休み:7月20日~8月31日 / 冬休み:12月23日~1月7日

URL:https://www.gunkanjima-concierge.com/

やまさ海運株式会社

平日
大人4,200円
中高生4,200円
小学生2,100円

早割やインターネット特別割引もあります。

URL:https://www.gunkan-jima.net

株式会社シーマン商会

平日
大人3,900円
中高生3,100円
小人1,900円

インターネット上に300円割引クーポンがあります。

URL:https://www.gunkanjima-tour.jp

アクセス

【軍艦島(端島)】
長崎港から軍艦島上陸ツアー船に乗船。軍艦島までは約40分。※発着港はツアー会社により異なります。

注意点

天候によっては軍艦島に上陸ができないこともあります。

また、台風や風化による、建物や見学ツールの危険性が高まった時にも上陸が困難となるため、ツアー自体が中止になります。

私が参加したツアーの内容

散策プランと周遊プランと各ツアー会社でいろいろなプランが用意されているので、ホームページを確認して、お好みのプランを選んだ方がいいです。

私のおすすめは散策プランです。

私は散策プランを選び参加しました。散策プランには周遊も含まれていました。

出港してから軍艦島に向かう途中に長崎港の周辺をガイドさんが紹介してくれます。

途中に三菱長崎乗船場が見えるので、日本初で造設された電動クレーンの紹介をされました。

軍艦島が見えてきてもすぐには上陸することができません。着岸ポイントが1カ所しかないため、順番を待たなければなりません。その間は海上から軍艦島を望むことができます。

順番がきたら軍艦島に上陸し、名所をガイドさんが1つ1つ紹介してくれます。

私が行った時にガイドさんが持っていた写真に載っていた元住民がその場にたまたまいたという偶然が重なり、その場が湧いていました。

炭鉱の出入り口も残っていました。

廃墟ですが、雨風に晒されても鉄筋コンクリートということもあり、形がそのまま残っている建物も多かったです。

安全面のため、近くまで寄ることはできませんでしたが、見学通路からでも立派な建物だったことがよく分かります。

まとめ

軍艦島は数十年の月日が経ち、廃墟になってしまいましたが当時炭鉱で栄えていた街の姿がそのまま残っています。

その当時の生活をガイドさんが説明しながら、より詳しく軍艦島を知ることができました。

寂しさもありながら、当時の栄えていた軍艦島を想像することもできます。

私が旅行に行った中で印象に残る観光地となりました。当時を知らない人でもいろいろ考えさせられる観光地なのでぜひ、長崎県長崎市に立ち寄った際は行ってみてくださいね。