旅行

宮古島は楽しみ方がいっぱい〜基本情報編〜

綺麗な海を見に行きたい、リゾートを楽しみたいと考えている方!ぜひ宮古島へ行ってみてみませんか?

宮古島は沖縄本島から少し離れていますが、沖縄本島よりも透明度が高い綺麗な海を眺めることができ、絶景が多くあります。

地方に住んでいる方は乗り継ぎが必要になりますが、そんなに難しくはないので簡単にいくことができます。

今回は宮古島への行き方と楽しみ方を紹介していきます。

宮古島

宮古島は沖縄本島から南西に約300kmのところにあります。近隣には池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島の6つの島から構成されています。

宮古島への行き方

宮古空港へ直通便がある空港:羽田空港(東京)、関西国際空港(大阪)、中部国際空港(名古屋)

JALは羽田空港、ANAは羽田、関西国際、中部国際空港から発着があります。

または宮古島と橋で繋がっている下地島にも空港があります。2020年10月下地島空港に直行便が就航したので、羽田空港と神戸空港、からスカイマークを利用していくことができます。

LCCは成田空港(千葉)・関西国際空港からジェットスターから発着がありますが、2020年11月現在は運休しており、年末年始のみの運行となっています。

地方に住んでいる方は直通便のある4つの空港に向かってから宮古島へ行くか、地方空港から那覇空港へ向かい、那覇空港から宮古空港へ向かう方法になります。

所要時間

羽田空港から

羽田から宮古島:3時間20分
宮古島から羽田:2時間30分

羽田から下地島:3時間30分
下地島から羽田:2時間40分

関西国際空港から

関西から宮古島:2時間45分
宮古島から関西:2時間

関西から下地島:2時間45分
下地島から関西:2時間10分

中部国際空港から

中部から宮古島: 2時間25分
宮古島から中部: 2時間30分

成田空港から

成田から下地島 3時間40分
下地島から成田 2時間35分

神戸空港から

神戸から下地島:2時間40分
下地島から神戸:2時間5分

宮古島の移動手段

  • レンタカー
  • レンタバイク
  • タクシー
  • レンタサイクル
  • バス

詳細はこちらのブログから宮古島観光の移動手段を紹介

宮古島のおすすめの楽しみ方

橋めぐり

宮古島観光へ来たらならば、近隣の島に橋を渡って出かけるのもおすすめです。橋を渡り始める前に駐車場がある橋もあるので、そこから綺麗な海を背景にして橋全体の写真を撮ったり、橋の途中で車を止めることができる場所もあるので景色を眺めたりすることができます。

マリンアクティビティー

宮古島の海は透明度も高く、ダイビングやシュノーケリング、カヌー、カヤックなど多くのマリンアクティビティを楽しむことができます。コバルトブルーの海を上空から眺めたいのであればパラセーリングなどもおすすめです

陸上アクティビティー

綺麗な海を背景にゴルフやグランドゴルフを楽しんだり、セグウェイで散歩することができるリゾート地があります。

カフェめぐり

絶景が楽しめるカフェ、美味し食事を楽しめるカフェ、宮古島の食材を使用したカフェ、沖縄らしさを感じられるカフェなど多くあります。

お洒落な店内で青い海を見ながら食事ができるのは宮古島ならではだと思います。

観光地めぐり

ドライブしながら観光地を周って楽しむことができます。宮古島海中公園や雪塩ミュージアム、宮古島市体験工芸村といった屋内の施設もあるので、雨が降った場合でも周れる観光地もあります。

ビーチめぐり

宮古島のビーチは白い砂浜と透明度が高い海が広がっています。透明度が抜群の海にはサンゴや熱帯魚も泳いでいるので間近で見れるビーチもあります。

海水浴でなくても砂遊びや足をチャプチャプさせるだけでも楽しいので、ぜひビーチには遊びに行ってみてください。

まとめ

宮古島に行くには直通便で行くか、那覇空港から乗り継ぎで行く方法になります。直通便は限られた空港にしかないので、地方に住んでいる方は那覇空港から乗り継ぎで行くことをおすすめします。

私も地方に住んでいるので那覇空港から乗り継いで行きました。

楽しみ方はいっぱいあり、全てを制覇するには時間が足りないかもしれません。自己流の楽しみ方を見つけて、ぜひ宮古島の旅を楽しんでくださいね。