グルメ

リピートしている簡単系おすすめアジアン料理キット〜美味しかったものだけ紹介〜

大型ショッピングセンターに行くとKALDIや無印良品、ヴィレッジヴァンガードなどに輸入食料品やアジアン系の料理キットがたくさん置いてあります。

最近は輸入食料品のショッピングセンターだけでなく、ドン・キホーテやイオンやゆめタウンなどの食品売り場にもあるので簡単に手に入れることが出来ます。

海外の食料品を見るのが元々好きなので、頻繁には購入しないですが気になったものを購入して試しちゃいます。

その中でもリピートしているおすすめの食料品を紹介します。ちなみにアジアン料理でもパクチーや香辛料が効きすぎているものは苦手なので、私と同じく苦手な方は全て食べることができると思います。

旅行中のアジアン料理についてはこちら↓

香菜や香辛料の独特な匂いが苦手な私が食べることが出来た台湾グルメ

シンガポール滞在時のグルメ!香菜や香辛料が苦手な人でも食べることができるもの。

リピートNO.1 KALDIのパッタイ

パッタイはタイの麺料理で甘辛い焼きそばです!

米粉で出来た麺にニラ・卵・もやし・豚肉・えびなどを入れて甘辛いソースとチリペッパーを和えます。ほんのり酸味を感じながらもピリッとした甘辛い味付けがGOODです。

タイ料理は味付けが難しいですがこのキットを使えば

味に失敗することなし!

本品には米麺(平なビーフン)とソース・チリペッパーが入っていれ、お好みの野菜を購入して炒めるキットです。

パッタイが食べたくなったらKALDIに行ってこのキットを購入して作ります。

お値段は税込299円ですがSALEの時は258円に値下がりします。結構SALEになっていることが多い商品だと思います。ただSALEの時は売り切れが多くてGETすることが出来ていません。人気商品なのかもしれません。

KALDIのパッタイがない時は無印のパッタイもおすすめ

どうしてもパッタイが食べたいけどKALDIが売り切れの場合があります。

そんなときショッピングモールに運よく無印良品があれば無印良品のパッタイキットを購入します。

無印はKALDIのと比較するとやや値段が高め(税込390円)なので、購入頻度は少ないですが、味は美味しいです。

こっちもキットの中には甘酸っぱ辛いソースと米麺が入っているので野菜やエビ・豚肉・卵などを一緒に炒めて作ると出来上がります。

2−3人前ですが、女性2人でも少ないと感じるので野菜を多めに入れてボリュームを多くしたほうがいいかなと思います。

米粉の茹で時間で食感が結構変わるので、お好みの硬さに調整して食べた方が美味しいです。

パッタイがKALDIにも無印良品にもない時には

最近パッタイが人気なんですかね。この前KALDIも無印良品にもパッタイが売ってなくて、どうしてもパッタイが食べたかったんで、代わりにKALDIのパッタイ風ビーフンを購入してしまいました。

お値段は税込144円で1人分になります。キットの中は細めのビーフンと甘辛いソースが入っています。

KALDIと無印良品のパッタイキットとは違って、卵やえびや豚肉を炒めた後にビーフンを乗せて、野菜を蒸し焼きにします。

最後にソースを加えて炒めたら完成です。

辛さはほとんどなく、甘さ強めのパッタイ風のビーフンでした。具材を多めにして炒めた方がお腹に溜まります。

KALDIのROi Thai yellow Curry

Roi Thai(ロイタイ)シリーズのカレーはレッドカレー、マサマンカレー、イエローカレー、グリーンカレーの4種類あります。

店頭にイエローカレーは唐辛子2本分のマークの辛さで表現してあって、鶏肉と玉ねぎを合わせるのがおすすめと書いてあったので、辛さ控えめでちょうど家にあった野菜で作れると思い、たまたま手に取った商品。

作り方は簡単!

パックに入っているイエローカレースープを温めて、具材を入れるのみ

でも具材を炒めたほうが美味しいと書いてあったので、今回は炒めてからスープを入れました。そっちの方が美味しい。

野菜を大きく切りすぎて、見た目はどうあれ商品名と同じくイエローのカレーです。

辛さ2本ではなく3本ぐらいのまあまあな辛さなので、お子さんは絶対に控えた方がいいです。

スパイシーな香りと辛さにココナッツミルクの味が効いていて、本格的なタイカレーの味がします。香辛料が苦手な私でも美味しいのでリピート出来ます。

さらに辛いグリーンカレーはまだ食べた音がないので挑戦してみたいです。

お値段は税込183円。SALE価格は159円です!

ひとパック250mlで2人分です。

YOPOKKI

即席チーズトッポギカップのYOPOKKI

トッポギに一時期ハマっていて、こればっかり食べていました。最近は食べたくなったら買ってしまう商品です。

種類は甘辛、チーズ、激辛、オニオンバター、チャジャンの5種類あります。

チャジャンだけは見たことがなく、レアなのかもしれません。味噌味が効いているみたいなので一度食べてみたい。

チャジャン味を除いて4種類で辛さのランキングをつけると

  1. オニオンバター
  2. チーズ
  3. 甘辛
  4. 激辛

辛いのが苦手だけどトッポギを食べたい方はオニオンバターがおすすめ。

少し辛さもあるけど、まろやかさが欲しい人はチーズ

辛さを感じて食べたい人は甘辛。私は甘辛の辛さが限界でした。

辛いの大好きなら激辛。私は食べれません。ちょこっともらって断念。

最初に甘辛を食べましたが、甘辛じゃないと思ったぐらいです。

辛さに強い人は物足りないですが、辛さが苦手な人にとってはまあまあ辛いので、必ず飲み物は用意してから食べてください。

作り方は簡単でトッポギと粉末ソース、水を入れて電子レンジでチンすればOK。

価格はお店にもよりますが200円〜250円。

KALDIには時折しか置いてなく、ヴィレッジヴァンガードは値段が高め、イオンやゆめタウンの食品売り場にも売ってあり、値段は250円前後。ドンキホーテが190円と1番安かったです。

ハマっていた時はカップでの購入ではなく袋でまとめて購入していました。

簡単にアジアン気分を味わえるキットはおすすめ

どうしてもキットになると高くついてしまうかもしれませんが、本格的な味を食べたいなら、キットを買った方が絶対に良いです。

アジアン料理は普段使用しない調味料を使ったりするので、その為だけに購入するのは勿体なく、使用しきれないことも多いです。

最近は輸入食料品が増えてきて、簡単に作ることができる商品も多いのでぜひ食べてみたい方はお試しあれ。