旅行

復興途中の阿蘇神社を参拝してみた

縁結びの松で有名な阿蘇神社。2016年の熊本地震で境内の社殿のほとんどが被害を受けてしまい、復興途中の段階です。

今回は復興途中の阿蘇神社を紹介します。

阿蘇神社

阿蘇神社は紀元前282年に創立され、約2,300年の歴史があります。全国に500社ある阿蘇神社の総本社になります。

現在は復興途中のため、工事の壁に阿蘇神社が再現されています。

手水舎

地震の影響ではなく、コロナウイルス感染予防のために柄杓が撤去されていました。どうやって清めれば良いのか分からなかったので独自の方法で清めました。

御礼所

神札・御守授与、御朱印帳の受付を行っています。御朱印は書き置きのものになります。

個人の御祈祷は予約不可で当日の受付で可能です。団体のみ予約になっています。

仮参拝所

仮拝殿と行っても立派なしめ縄があり、賽銭箱と本坪鈴があります。今回はここで参拝させていただきました。

仮拝殿

建物の中は御祈祷や関係者以外は立ち入ってはいけません。拝殿と同じ場所なので建物が違っても神聖な場所には変わりありません。

おみくじ

仮テントの下におみくじが用意されています。6種類のおみくじが用意されています。阿蘇神社と言ったら恋みくじが有名です。

復興中の境内

仮参拝所の奥に復興中の境内があります。中には入れませんが外側から社殿を見ることができます。

元々は立派な社殿がありましたが地震によって倒壊してしまいました。再建までは4年と言われていて、見通しとしては2011年6月となりました。

阿蘇神社といえば縁結びの松ですが、工事中だったため入ることができませんでした。再建後にまた参拝したいですね。

基本情報

【駐車場】無料(阿蘇神社周囲の観光をする方は有料の駐車場もあります)

【参拝時間】6:00〜18:00(駐車場開閉)

【御礼所】9:00〜17:00 (神札・御守授与、御朱印帳の受付)など

【御祈願(御祓い)受付】9:00~16:30

まとめ

阿蘇神社は復興中ですが、参拝や御祈祷等は受付しています。地震で倒壊してしまい、被害を受けてしまいましたが徐々に元の姿に戻ってきている途中であり、今しか復興途中の阿蘇神社を見ることができません。

余談になりますが、駐車場は無料ですが久しぶりに参拝すると有料の駐車場に停めてしまいます。よく確認して駐車場に入ってくださいね。

阿蘇神社の周りにはカフェなどのお店もあるので、立ち寄ってみるのもいいですよ。おすすめは「阿蘇とり宮」のバロッケと言われる馬肉を使ったコロッケです。