ベビー

哺乳瓶は中古品よりも新品の購入をおすすめ。〜製品の特徴にあったものを購入しよう〜

メルカリやラクマでベビーやマタニティグッズを購入しましたが、購入して失敗したなと思う商品もあります。その中で中古の哺乳瓶がありましたが、使っていて新品を購入していた方が良かったなと思いました。

赤ちゃんの口に触れるものなので、衛生的にも安全かと思います。それでも中古品を購入したい方は選び方にコツがあるので気をつけて購入をして下さいね。

中古品の選び方

  • プラスチック製よりもガラス製を選ぶ
  • 乳首だけ新品のものを使用する

プラスチック製よりもガラス製を選ぶ

プラスチックはガラス製と比較すると傷が入りやすく、中古品の物であると傷が入っている可能性が高い事があります。衛生上にも問題があるかもしれないため、中古品ならばガラス製をおすすめします。

乳首だけ新品のものを使用する

哺乳瓶は中古品でも乳首だけを新品にする方法もあります。中古の乳首はどうしても噛み跡があったり、ミルクの出る穴の大きさが広がって、必要以上のミルクが出ることもあります。

必要以上のミルクが出てしまうと赤ちゃんが飲んでいる途中に吐いてしまうこともあります。

私の子どもは吐く事が多く、乳首を変えたら吐く回数も減りました。

おすすめの商品

ピジョン 母乳実感

母乳実感を購入すると新生児用の乳首(SSサイズ)が一緒についてくるので、最初に買う哺乳瓶としてはおすすめです。

ピションの哺乳瓶は乳首が月齢に合わせてサイズの交換が必要です。新生児用・1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月以上に分かれています。

ただ2ヶ月の子どもにも新生児用を使用していますが、問題なく使えています。反対に吐く事がないのでそのまま新生児用でいいのかなと思っています。

サイズ展開は160ml・240mlの2種類です。

ピジョン スリムタイプ

ピジョンはスリムタイプもあり、持ちやすい形で手にフィットがしやすく、母乳実感よりも安いです。サイズ展開は200mlと240mlの2種類。

母乳実感と同様で乳首が月齢に合わせてサイズの交換が必要です。0ヶ月・4ヶ月・6ヶ月・9ヶ月に分かれています。

スリムタイプということもありミルクの投入口もスリム化されているので粉がこぼれやすいので注意が必要です。

チュチュベビー

吸う力と加える力でミルクの出る量を調整するので月齢に関わらず、1つの乳首で新生児から卒乳まで使用することが出来ます。

サイズ展開は160ml、240mlの2種類があります。

チュチュベビーには口蓋裂用の乳首があるので哺乳量の減少や飲む意欲の減退を防ぐことが出来ます。広口タイプは適用していないのでスリムタイプを購入する必要があります。

紙パックに直接着用できる乳首もあり、災害時や外出時に利用できるので便利なものもあります。

Betta(べった)

理想の授乳姿勢にこだわった形をしているので、空気を飲みにくくゲップや吐き戻しを軽減してくれます。スムーズに食道へ流れやすくなるので誤嚥を防いでくれます。

形が特殊なので普通のブラシでは洗いにくいのが難点ですが、専用のブラシを購入すれば問題はありません。

ベッタは吐き戻しが多い赤ちゃんには良いと思います。丸穴タイプとクロスカットタイプがあるので月齢に合わせて乳首の変更が必要です。

サイズ展開はガラス製 80ml、200ml、240ml、280ml 、プラスチック製80ml、120ml、240ml、320mlと種類が多いです。

NUK ネイチャーセンス

「おっぱいと同じように飲める」を実現した哺乳瓶。

おっぱいの形に近い乳首の構造になっているので飲むときの口の運動も促すことが出来ます。他製品の乳首と違って複数の穴からミルクができるようになっています。

ガラス製とポリプロピレン製があります。ポリプロピレン製はコスパが良く、持ち運びに便利ですが耐熱温度が120°なので薬液消毒は劣化しやすいという難点があります。

サイズ展開は120ml・240mlの2種類があります。

NUK プレミアムチョイス

NUKの定番モデルの哺乳瓶。

プレミアムチョイスは丸穴で柄の種類が多く、乳首は0−6ヶ月用と6−18ヶ月用の2つがあります。

サイズ展開はガラス製が120ml、240ml、プラスチック製が150ml、250ml、300mlがあります。

フリマでの購入はしっかり確認して購入しよう

メルカリやラクマで哺乳瓶を購入するときは、現物の写真がある物を選び、写真の画像をアップして状態をしっかり確認した方が良いです。

概要欄に使用頻度が書いていなければ質問して確認を忘れないようにしましょう。

最近は哺乳瓶の乳首を外して販売されていることも多いので、乳首は新品で購入するのが良いかなと思います。