みーさんBlog
子育て奮闘記ブログ
ベビー

ベビーサークルどれがおすすめ〜木製・プラスチック・メッシュ・マット〜

寝返りが始まるといつのまにかクッションや布団の上から飛び出てしまっていることはありませんか?

ベビー布団のみでは飛び出してしまい、大判のクッションを敷きましたがそれでもいつの間にかフローリングへ飛び出して、頭をごっちんと床にぶつけることも多くなってきます。

ベビーサークルの素材には木製・プラスチック・メッシュ・マットの4種類があり、跨ぐタイプか扉付きのタイプか様々な選び方があります。

自宅や用途にあったベビーサークルを探してみてくださいね。

ベビーサークルの素材

大きく素材は4種類に分かれます。

  • 木製
  • プラスチック
  • メッシュ
  • マット

木製

木で作られたベビーサークルは頑丈で長く使用することができます。重さがあるためサークルの移動は大変です。

設置場所が決まっている方や木製は素材感が部屋のインテリアに合わせやすいので見た目を気にする方はおすすめです。

特徴
  • 作りがしっかりしていて長く使用することができる
  • 部屋に違和感なくなじみやすい
  • 重さがある

プラスチック

プラスチックは軽量で持ち運びも楽です

カラフルなものからシックなカラーまであるので部屋に合わせたコーディネートをすることができます。

サークル自体におもちゃの仕掛けがついているタイプもあるので、パパママが食事の準備をしているときも飽きずに遊ぶことがことができます。

汚れても拭くだけでいいので清潔に保ちやすく、手入れも簡単です。

特徴
  • 軽量
  • サークル自体におもちゃがついているタイプがある
  • 手入れが簡単

メッシュ

メッシュタイプは軽量で透けているので外から見守ることができ、素材が柔らかいので子どもがぶつかっても怪我をせず安心です。

汚れたらメッシュの部分を取り外して洗濯できるタイプもあります。

持ち運びができるので他の部屋への移動や帰省で持って帰ることもできます。

特徴
  • 軽量
  • 持ち運びができるタイプがある
  • 素材が柔らかく怪我のリスクが少ない

マット

全体がクッションになっているので寝返り・ハイハイ・立ち座りで転けたり、ぶつかったりしても衝撃が少なくて済みます。

汚れた場合は拭くだけでいいので綺麗に保つことができます。

カラフルなものからシックなものまであり、インテリアに合わせてデザインを選ぶことができます。

サークルとしての利用だけでなく遊ぶためのスペースや衝撃吸収として利用することができます

価格が他の素材と比較すると高めとなっています。

特徴
  • 全体がクッションになっているので安心
  • サークル以外での用途ができる
  • 価格が高い

折りたたみタイプかジョイントを外せるタイプか

木製・プラスチック製・メッシュは折りたたみタイプがあります。

折りたたみタイプのメリットは掃除がしやすく、使用しない場合には収納しやすいという点です。

折りたたみタイプでなくてもジョイントを外しコンパクトにして掃除できるタイプもありますが、折りたたみタイプと比較すると少し手間がかかります。

ドアタイプかまたぐタイプか

サークル内外に出入りする時にドアを開閉するタイプまたぐタイプかに分かれます。

ドアタイプ

ドアタイプは外から鍵をロックするので赤ちゃんが自由に出入りできないようになっています。

ドアを閉め忘れたり、毎回開け閉めするのが大変かもしれませんが、片手でドアを開閉・ロックできるタイプもあります。

跨ぐタイプと比較すると価格は高くなります。

跨ぐタイプ

跨ぐタイプはドアがついていないのでサークルを跨いで出入りをしなければなりません。

両手が塞がっている場合は跨ぐ方が楽ですがサークルの高さ次第では使いにくいと感じるかもしれません。

サークルに足を引っ掛けて転ばないように購入時は高さを確認する必要があります。

ドアタイプと比較すると価格は安くなります。

おすすめ商品

木製

タンスのゲン ベビーサークル

ロータイプは高さ56cmなので跨ぎやすい高さになっているので赤ちゃんを抱いたままで移動をすることができます。

ハイタイプは高さ65cmですが片手でドアの開閉ができるので出入りしやすくなっています。

どちらのタイプもジョイント式なので工具不要で簡単に組み立てができます。

RiZKiZ 木製ベビーサークル

工具は不要で組み立てができます。高さ55cmで抱っこしながら跨ぎやすい高さになっています。

カラーはナチュラルとホワイトの2色展開となっているのでインテリアに合わせて選ぶことができます。

プラスチック製

タンスのゲンのベビーサークル(プラスチック製)

工具不要でジョイント式になっており、高さ66cmでドアはロック式になっています。

カラーは2色ですが柵の部分とドアの部分で色が違うタイプがあるので4タイプあります。

柵の間隔は手足を入れても抜けやすいように7.5cmになっているため安全性にも配慮されています。

星型ののぞき窓がありがあり可愛らしいデザインになっており、用途に合わせてL字型や長方形に組み合わせを変更することもできます。

対象年齢は10か月〜となっています。

日本育児 ミュージカルキッズランド

日本育児のミュージカルキッズランドは遊びながら発達を促すおもちゃパネルがついているベビーサークル。

ドアパネルがついているので跨ぐ必要はなく、床を傷つけにくい滑り止めもついています。

組み立ては簡単で収納や持ち運び時にはロック棒を使用すると楽に片付けることができます。

ボールを購入するとボールプールとして遊ぶこともできます。

メッシュ

日本育児 ポータブルベビーサークル

日本育児の洗えてたためるポータブルベビーサークル。

たたみ2畳分に入る大きさで重さ3.8kgと軽量なので広げたままでも移動が簡単にできるので掃除もしやすい。

高さは70cmなので出入り時はチャックを開閉させる必要があります。

組み立て作業はなく、広げてロックするだけですぐに使用することができます。

カバーを取り外し、洗うことができます。

Yobest ベビーサークル

扉を開閉するジッパーは外のみなので中から開けられる心配はなく、赤ちゃん一人では出られないような設計になっています。

組み立ては合金鋼パイプとプラスチックのジョイントで繋げることが可能で簡単に取り外しと組み立てをすることができます。底部は吸盤で床に取り付けるので滑り止めが可能なので子どもの衝撃で移動しずらいようになっています。

底が防水生地になっているため、ヨダレや吐いたりしても簡単にお手入れすることができます。

マット

ZemZem サークルマット

極厚の4cmマットで成長に合わせてさまざまな形に変形することができます。

ベビーサークルとしては1歳前後まで利用し、その後はお遊びスペースや防音対策として利用できるので長く使用することができます。

マットのサークルは転んだ時の衝撃が少ないので安心です。

3cmの幅広のマジックテープを使用しているのでマットとマットをしっかりと固定することができ、安全に使用することができます。

生活防水対応のPU素材を使用しているので汚れた場合は拭き取るだけで清潔に保つことができます。

まとめ

ベビーサークルを選ぶ時には素材やサークル内の出入り方法、重さなど選ぶ方法が多くあります。

サイズは部屋の大きさやに合わせ、部屋のインテリアに合わせたカラーを選択するとなじみやすくなるので生活スタイルに合わせたものを選んでみてはどうでしょうか。