みーさんBlog
子育て奮闘記ブログ
ベビー

転んだ時に頭を守るベビーヘルメットを購入〜お座りからあんよまで使える〜

赤ちゃんが転んで頭を打ったらどうしようと心配になる方は多いのではないでしょうか。

我が子もつかまり立ちを始めてから転けることが増えてきました。

そんな心配から解消したいと思いベビーヘルメットを購入。

ヘルメットをつけた直後は嫌がりますが慣れてくるといつも通りの生活をしています。

今回はベビーヘルメットのメリット・デメリットを紹介します。

ベビーヘルメットとは?

赤ちゃんが転倒したときの怪我や衝撃から頭を守るヘルメットです。

360°前後左右クッションで覆われているのでどの方向から転けても守ってくれます。

ベビーヘルメットを着用しているからといって目を離していいというものではありません。もしも転けたときに頭を衝撃から守ることができるグッズです。

メリット

  • 360度守ることができる
  • 着脱しやすい
  • デザインが多種

360度守ることができる

頭を360度クッションで覆っているので前後左右へ転けても衝撃を吸収してくれます。

ハイハイをしていて手足の出す順番を間違えて前から転けたり

伝い歩きをして足を交差させてそのまま横から転けたり

つかまり立ちをして手を離した瞬間に後ろに倒れたりと四方八方転けるので360度頭を守ってくれるヘルメットは安心です。

着脱しやすい

最初に頭の大きさに合わせて調整しておけば次からは頭の上からカポっと被せるだけでいいので簡単です。

脱ぐときは顎紐を外して上からヘルメットを引っ張るだけで取れます。

リュックサックタイプと比較すると着脱しやすいかと思います。

デザインが多種多様

くすみカラーや星柄・ストライプなどカラー展開や柄の種類が多いです。

また王冠の形やうさ耳つきなどとヘルメットタイプでも赤ちゃんが可愛らしく見えるデザインが増えています。

デメリット

  • 嫌がる可能性がある
  • 蒸れる

嫌がる可能性がある

頭の大きさに合わせて調整することはできますがそれでも頭に接するものなので違和感で嫌がる赤ちゃんもいると思います。

我が子も取り付けた直後は嫌がりますが慣れてくると気にしないで過ごしています。

蒸れる

内側がメッシュ生地なので通気性には配慮されていますが着用している時間や温度によっては蒸れることがあります。

着用しっぱなしではなく、時折外してあげることも必要です。

口コミ

おすすめ商品の紹介

カラーや柄が多く、デザインが可愛いです。

星柄と水玉模様が新しく登場し女の子でも男の子でも合います。

我が家はスターグレーを購入。

機能性も良く内側が通気性の良いメッシュ生地。

顎紐はマジックテープで固定し取り付け簡単

頭のサイズに合わせてマジックテープでサイズ調整ができるので締めすぎることもなく、緩すぎることもなくジャストサイズに調整できます。

結ぶタイプだと赤ちゃんが動いてしまってなかなか大変ですがマジックテープなので便利です。

顎紐を舐め舐めしましたが顎紐の上にスタイをかければ舐めることができません。

ヘルメットですが中綿のクッションなので70gと軽く赤ちゃんの負担も少なめです。

価格は1290円とお手頃で買いやすい値段になっています!


まとめ

ベビーヘルメットは赤ちゃんが嫌がらなければもしもの時にとても助かるグッズです。

360°前後左右守ってくれるので転けたとしても衝撃や怪我から頭を守ってくれます。

価格も1000円台なので購入しやすく、ネットでは多くの種類が販売されています。

お座りやずり這いを始めた赤ちゃんから使えるので早めに購入しておくのもおすすめですよ。

他のおすすめ商品はこちら↓

電動鼻吸い器新型メルシーポットとピジョンを比較〜メルシーポットを購入した訳〜 どのメーカーの電動鼻吸い器を購入をしたらいいのか悩む方は多いかと思います。 電動鼻吸い器は高価なので購入するなら後悔しないように...