日常

自動車税はクレジット・スマホ決済がお得で便利

とうとうこの時期がやってきました・・・。

自動車を所有している人は5月になったら自動車税の支払いをしなければなりません。自動車税は高いですよね。

今までは振り込み用紙で支払いをしていましたが、今回初めてクレジット支払いに挑戦してみました。

クレジット支払い

  • 自宅で簡単支払い
  • 手数料がかかる
  • ポイント還元がある(納税額33,100円以上なら手数料以上に還元)

クレジット支払い方法

準備するもの

  • クレジットカード
  • 納付通知書
  • パソコンまたはスマートフォン

利用できるカードはマスターカード、VISA、アメリカンエクスプレス、ダイナーズクラブ、JCB

決済手数料

納付税額に応じて決済手数料がかかります。手数料は自治体ごとに異なるため

〇〇県 自動車税 クレジットカードで検索!

ちなみに熊本県の場合、39,500円の納税額だったので手数料が319円かかりました。

  • 金融機関及び県の機関の窓口、コンビニの店頭でのクレジット払いはできない!
  • 利用期限は納税通知書記載の納期限まで

決済方法

自治体で異なるようですが、Yahoo公金払いができる自治体が多いようです。

納付番号と確認番号を入力して、車体番号とクレジットカードなどの個人情報を入力すると支払いができます。

詳細はhttps://koukin.yahoo.co.jp/campaign/car/index.html

領収書の発行はないですが、納付状況を電子的に確認できるようになったので送付は行わないそうです。メールで入金完了の知らせや心配であれば印刷もできるので問題はないと思います。

詳しいことは自宅に届いた封筒の中に手続き方法が一緒に入っているといます。(自治体で異なるかもしれません)

こんな感じのチラシです↓↓

スマホ決済の場合

  • 自宅で簡単支払い
  • 手数料がかからない
  • ポイント還元がある

クレジット支払い方法

準備するもの

  • スマホ決済アプリ(自治体によってアプリが限定されている様子)
  • 納付通知書
  • スマートフォン

熊本県はPay PayとLINE payに対応。

決済方法

Pay Payの場合
  1. アプリをダウンロード
  2. 電子マネーをチャージ
  3. アプリを起動
  4. バーコード撮影
  5. 支払い内容を確認
  6. 完了
LINE Payの場合
  1. アプリをダウンロード
  2. LINE Payの利用登録
  3. 電子マネーをチャージ
  4. LINE Payを起動して請求書支払いをタップ
  5. バーコード撮影
  6. 支払い内容確認
  7. 支払い方法選択
  8. パスコードを入力して完了

詳しいことは自宅に届いた封筒の中に手続き方法が一緒に入っていると思います。(自治体で異なるかもしれません)

こんな感じの用紙です↓↓

現金支払いが良い場合

  • 普通車で車検が2週間以内にある
  • 軽自動車を所有している

上記の方は納税証明書が必要となるので現金払いで支払いましょう。