ベビー

帝王切開後のテープはコスパが良いCICAーCAREがおすすめ

帝王切開後のケロイドを防ぎたいと思う方は保護テープを使用していると思います。

以前帝王切開後のテープのを紹介帝王切開後の痛みを防ぐ方法と保護する方法〜傷口の摩擦を減らそう〜をしていますが、私はCICA-CAREを利用しています。

CICAーCAREを利用して2ヶ月が経過したので紹介していきます。

CICAーCAREとは

スミス・アンド・ネフューが販売している「CICAーCAREシカケア 皮膚バリア粘着プレート」

帝王切開後に利用しているのは12cm×6cmの粘着プレートです。

韓国のシカケアとは別でスミス・アンド・ネフューはイギリスの創立された会社です。

柔らかく粘着のあるシリコンジェルシートでケロイド肥厚性瘢痕を保護する役割があります。抜糸後や傷跡にも利用することが可能です。

耐久性があって型崩れせず、何回も洗って利用する事ができるので

コスパ最強のテープ!

説明書には通常14〜28日間利用ができると書いてありますが、産院の先生は白くなるまで使い続けていいと言われています。

2ヶ月経過した結果

使用開始時は少し痒みがありましたが、現在は痒みを感じなくなりました。

粘着力は最初の頃と比べると弱くなり、下着を引き上げるときに端の方が曲がってしまうことがあるので修正することが必要でした。

端の方は若干白くなり始めましたが、中心の方は透明感が残っているので使用し続けています。

長く使用し続けるコツ

  • 1日1回は洗浄
  • CICAーCARE用のスポンジを使用する
  • テープに接するところは剃毛する
  • 下着はゆっくり上げる

妊娠中から皮膚が乾燥しているとテープを剥がした時に皮膚がくっついてきます。洗浄するときはCICAーCARE用の毛羽立たない、スポンジを利用して優しく洗い、クリップを使用して乾燥しています。

縦切りは毛の部分と接する範囲が狭いかと思いますが、横切りはテープのしたの部分が毛と接すると思います。毛が伸びると粘着力が低下してくるので、剃毛をした方が粘着力が強くなり長持ちします。

少し時間が経過すると下着を上げるときにテープが生地について曲がり、生地の繊維がテープについてしまうので粘着力が低下してしまいます。

❇︎スポンジは台所用のスポンジを使用しています。

❇︎乾燥させる場合はステンレス製のクリップに挟むとテープと接する範囲が少ないのでおすすめです。