みーさんBlog
子育て奮闘記ブログ
旅行

Go toトラベル全国一時停止!

出典:https://goto.jata-net.or.jp

2020年10月14日の速報で2020年12月28日から2021年1月11日まで全国一斉 Gotoトラベル停止と出ましたね。旅行業界や予約していた人にとっては不安ではないでしょうか。

東京都と名古屋市は全国一旦停止前より利用の一時停止も発表されています。

一旦停止の時期が丁度年末年始でピークシーズンのため、割引が適用されないとなると出費がかさむ可能性があります。キャンセルするのか割高の料金を払って旅行へ行くのか迷ってしまうと思います。

今回は疑問点について列挙していきます。

Go toトラベル一旦停止が発表される前に予約していた旅行も対象になるの?

既存の旅行予約に関しても対象外!

一旦停止が発表された12月14日前にGo toトラベルを予約していても、対象外となるため、Go toトラベルキャンペーン旅行は出発・到着ともにできなくなる。

12月28日チェックアウトの旅行はどうなるの?

12月28日以前に出発でも12月28日チェックアウトの場合はGo to トラベル対象旅行から外されます。

12月27日までに旅行が終了している場合はキャンペーンが適応されます。

キャンセル料はどうなるのか?

2020年12月28日〜2021年1月11日の旅行

取り消しに生じるキャンセル料は補償される。

2020年12月28日よりも前に出発し、旅行の期間が28日をまたがる場合

取り消しに生じるキャンセル料は補償される。

  • キャンセルは12/1420時〜12/24の間に行った場合、キャンセル無料。
  • 予約した旅行会社に予約の取り消しを行わなければキャンセル料は無料にならない。

札幌市・東京都・名古屋市・大阪市を目的地とする旅行のGotoトラベルは?

札幌市・大阪市はすでに全国一旦停止の前からgo toトラベルが一旦停止が始まっています。今後も一旦停止が継続し、名古屋市と東京都は全国よりも早めに一旦停止が始まります。

  • 札幌市・東京都・名古屋市・大阪市を目的地とする旅行は一旦停止。
  • 札幌市・東京都・名古屋市・大阪市を出発とする旅行は自粛要請。

✳︎新規受付停止、自粛要請期間12月14日20時〜12月27日分が対象外。

✳︎既存予約は4都市が12月22日〜12月27日出発分が対象外。

✳︎東京都は新規受付停止・自粛要請期間12月18日〜12月27日の出発分が対象外

12月14日〜12月24日に上記の都市の自粛を含めたキャンセルは国が負担。

地域共通クーポンを利用した飲食はどうなる?

Go toトラベルが一旦停止になると地域共通クーポンも利用することができません。

WEBで申し込んだ方・宿泊施設で直接申し込んだ

キャンセルに伴う手続きはなし。

地域共通クーポンは紙クーポンと電子クーポンがありますが、電子クーポンはチェックイン当日15時からサイトにアクセスし取得。紙クーポンはチェックイン時に受け取りをするため、影響はない。

旅行会社の窓口で申し込んだ方

旅行をキャンセルしクーポンを受け取っている場合は返却する必要があります。

クーポンを返却しない場合、不正受給となります。

※必ず利用する旅行会社に確認をしてください。

1月12日以降のGo toトラベルは?

1月12日以降のGo to トラベルの扱いは感染状況をみて改めて判断するとのことで、決まっていません。

まとめ

2020年12月28日から2021年1月11日の間にgo toトラベルを利用した旅行を予約していて、キャンセルを考えている方は12月24日までにキャンセル手続きをすれば、キャンセル料は無料です。

経済的には大きな打撃だと思いますが、これ以上感染者が増えて医療が回らなくなった場合はもっと大きな打撃が考えられます。

今年の年末年始は大人しく過ごした方がいいかもしれません。感染が落ち着いた後にまたGo toトラベルが利用できるようになるといいですね。