日常

職場の近いところに引越してメリットが多くなった

最近引越しをして生活が変わりました!!!もう少し早く引越ししておけば良かったと思うほどです。

今までは職場まで車で通勤。引っ越し後は徒歩通勤またはバス通勤に変更。

家賃は5,000円程高くなりましたがそれでもメリットの方が多くなって、気持ち的にも余裕ができるようになりました。

自宅が職場近くになったメリット

  • 渋滞に引っ掛からずスムーズに家に帰ることができる
  • 職場の駐車場代がかからない
  • 徒歩通勤なので健康に良い
  • 心に余裕ができた

渋滞に引っ掛からずスムーズに家に帰ることができる

引越す前の自宅からは職場まで車で平日は40分、土日祝日は30分かかっていました。

主要道路を通らなければならなかったので、雨の日や事故でも起きたら1時間以上通勤にかかることもあるぐらいでした。

引っ越してからは徒歩30分、バスを利用すればバス停まで3分、バスで6分。バスの本数も10分に1本はあるので待ち時間もそんなにありません。

圧倒的に通勤時間が短縮!

職場の駐車場代がかからない

普通の職場は駐車場代がかからないと聞きますが、私の職場は駐車場代が4,000円程かかります。

4,000円はなかなかの出費なので、引越しして駐車場代を減らせたのが

大きな節約

さらに職場の駐車場が建物内と少し離れた場所にあるので、建物内に停めたいというズボラな気持ちがはたらき早めに自宅を出ていました。

今はその心配もなく、好きな時間に自宅を出ることができます。

徒歩通勤なので健康に良い

身体が疲れている時や妊娠中でお腹が張っている時はバスを利用していましたが

基本は徒歩通勤でした。

妊婦の30分程のウォーキングは身体にも良いと書いてあったので

それなら通勤で30分歩けば一石二鳥なので徒歩で通勤しようと心がけていました。

健康本には朝のウォーキングは日光を浴びてセロトニン(幸せホルモン)が出やすく

夜眠る時に出るメラトニン(自然な眠りを促すホルモン)を出やすくするそうです。

徒歩通勤に変わってから朝の目覚めが良く、夜はすぐに眠れている感じがあります。

職場に到着した時には脳がスッキリした感じがあります。

私のおすすめ本はこちら

心に余裕ができた

渋滞にひっかからず、通勤時間が短縮して、歩くことで脳から良いホルモンが出て

ストレス軽減

いつも職場から帰ると夕飯を作るのがめんどくさくて、買ってから帰ることもありましたが今はほとんど自炊です。

通勤時間が短縮すると自宅を出る時間が遅くなるので、朝からしっかり朝食を食べて、余った時間は読書する余裕ができました。

もちろんデメリットもある

職場近くの賃貸は今まで住んでいたところと比べると

市街地に近いので家賃が上昇↑

駐車場代が今までは2台無料でしたが1台のみ無料であり、2台敷地内に停めることができません。

でも市街地近くなったことで交通手段が発達したので車が不要となり1台売ってしまいました。

あとは職場から2km以内は通勤手当が出ないので、バスを利用した時は自費となります。

病院に勤めているので近所になると、利用者さんと出くわすことがあるかもしれません。まだあったことがありませんが・・・。

徒歩30分は運動嫌いの人にとっては苦痛かもしれませんね。

あと夏場の徒歩通勤はきついでしょうね。

総合的には職場に近い方が便利

心に余裕ができるというのが一番のメリットだったと思います。

あと徒歩通勤は運動になるので、ズボラな私にはいい運動機会を与えることができました。妊娠中は体重コントロールにも一躍かっていました。

まさにTime is Money

とはこのことかもしれません。