旅行

沖縄本島に3度行った旅行者の回り方〜慶良間・南部〜

昨日に引き続き2泊3日の沖縄旅行について書いていきます。

2日目

2日目は沖縄・国際通りにあるホテルから出発。慶良間諸の海(ナガンヌ・クエフ周囲の海)でシュノーケルを半日予約していました。

ツアーの選び方

1日と半日コースがあります。

シュノーケルだけでなく、オプションとしてバナナボートやバラセーリング付きのものがあります。

船の中には巨大滑り台がついているものもあるので、シュノーケリング以外も楽しみたいという方はツアーを予約する時に確認しても良いかと思います。

私が予約したプランは那覇市内のホテルから送迎無料。写真撮影無料サービス、バスタオルレンタル無料、サーバーからドリンク無料で5500円ぐらいだったと思います。

私はたびらいを使用して予約しましたhttps://www.tabirai.net/okinawa/

慶良間

明らかに沖縄本島の海よりも透明度が高く、綺麗です。(もちろん本島の海も綺麗です)

熱帯魚やサンゴが身近に見れます。運が良ければウミガメにも会えます。私は会えませんでしたが。(慶良間諸島でもウミガメが出るスポットがあるそうです)

慶良間諸島でのシュノーケルの注意点

  • 酔い止めを飲んでいく

船で30分程移動します。波もなかなかあります。普段、船酔いを方でも酔うので、必ず酔い止めを飲んで行ってください。

7人でツアーに出かけましたが、そのうち酔い止めを飲んでいなかった5人はダウンしていました。開始30分だけ海に入りその後は参加できなくなった人もいます。残り3名のうち2人は酔い止めを飲んでいて、酔うことなく楽しんでいました。私は酔い止めなく、酔うことなく楽しみましたが。

酔ってしまうと時間もお金ももったいないので、ぜひよいどめは飲んで行ってください。

  • ラッシュガードを持っていく

ウェットスーツを着て沖縄本島から出発して、チャックを閉めたまま現地まで行っても良いのですが、夏の海の沖縄は暑いのでチャックを開けて、上半身は開けていた方が風にあたるので気持ち良いです。

ただ日差しは強いので、日焼け止めかつラッシュガードで予防はしていた方が良いです。また風も強いので泳いだ後は寒く感じます。その時にラッシュガードがあると便利です。

  • トイレは事前に済ませておく

ウエットスーツを着たままでトイレはできません。長時間のダイビングは海の中で着たまますることもあるらしいですが、シュノーケルは基本そのままトイレはできません。

脱ぐ時にウエットスーツが張り付いて脱ぎにくいので時間がかかります。トイレに行く回数を減らしたいのであれば、出発前にトイレは済ませておいてください。

  • ツアーを選ぶ時に〇〇島上陸ツアーにしておく

これは酔って動けなかった皆さんが言っていましたが、船の上は休んでも常に揺れている状態だから、酔いが落ち着いても元に戻らないとのこと。どこかの陸地に上がることができればよかったと口を揃えて行っていました。

これはGo proでとった映像ですが海の中は綺麗でしたよ。

シュノーケル終了後にホテルに戻り、ちょっと休憩してから午後から南部の観光で出かけました。

これまた、シュノーケル後の運転は疲労が溜まっているので注意が必要です。

カフェくるくま

タイ料理屋なんですが、テラス席から見る景色が綺麗。

ランチかデザートか聞かれますが、外のテラス席はデザートを頼む方専用の様です。でもランチが終わった後は外に出れるので、景色を楽しむことが出来ます。綺麗な景色は検索して探してくださいね。

斎場御嶽

斎場御嶽(せーふぁーうたき)と読みます。私は最初読めませんでした。

南城市にある史跡です。

15世紀ー16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽で”せーふぁー”は”最高位”を意味しているそうです。

道なりから見る景色も綺麗です。足場が悪いので靴で行くことをお勧めします。特に雨上がりは滑りやすいです。あと水溜りも多いので気をつけてください。

いなみね冷やしもの店

可愛い白くまかき氷があります。沖縄で白くまと思いますが味は美味しく、さらに大きい。

白くまだけでなく、ぜんざいや他のデザートもあり、定食もあります。

2日目の振り返り

朝早くシュノーケリングから始まりました。

前日の夜は飲みに行ったり、ホテルの部屋で飲んだりしていたので12時頃に就寝しましたが、次の日ハードなアクティビティをする時はしっかりと睡眠をとった方がいいですね。

気分が悪くなって楽しめない様な状態にならないためには、前日の夜は早めの睡眠を心がけた方が良かったと思います。

シュノーケリングの後の運転は眠くなりやすいので、スケジュールを詰め込みすぎるときついだけです。楽しく回るためには余裕を持ったスケジュールを立ててくださいね。

南部には景色が良いカフェや観光地があるのでぜひ行ってみてください。