グルメ

初めての沖縄旅行は北部の周遊がおすすめ。沖縄のロケーションは最高!

沖縄本島は狭いけれども観光地が多すぎて回れない!

じゃあどこに行けばいいとなってしまうので、初めて観光する時におすすめなのが北部です!

私が初めて沖縄に行ったのは10年前。

旅行ではなく、実習として沖縄に6週間住んでいました。そのときは沖縄の中部にある沖縄市にいたのですが、連休中に北部まで遊びに行きました。

その後も沖縄旅行に友達と行ったのですが、その時も沖縄北部を中心に観光とドライブをしました。

定番スポットを含めた沖縄北部を紹介します。南部と中部の一部分は以前のブログで紹介しているので興味がある方は見てみてください。

沖縄本島に3度に行った旅行者の回り方 〜2泊3日の旅〜1日目

沖縄本島に3度行った旅行者の回り方〜慶良間・南部〜

沖縄本島に3度行った旅行者の回り方〜那覇空港までの暇つぶし方法〜3日目

美ら海水族館

美ら海水族館

北部の観光地と言ったら『美ら海水族館』は外すことができません。

巨大水槽に大きなジンベイザメやマンタ、小魚の大群が一緒に泳いでいます。

ジンベイザメ

サンゴの海といった沖縄らしい展示や飼育がされています。

カクレクマノミ

館内が広く、外にオキちゃん劇場と言ったイルカショーやウミガメ館やマナティー館があります。

マナティー

*オキちゃん劇場やウミガメ館、マナティー館は無料ですが、水族館内に再入館される方は水族館入口案内所または出口案内所で再入館スタンプを押してもらってください。水族館の半券提示で再入館も可能です。

初めて行ったときは巨大水槽の大きさにびっくりして、しばらくその場所から離れなかったのを覚えています。

イルカショーのステージはバッグに伊江島が見えて、景色が最高です。沖縄に来たなーって感じがします。

オキちゃん劇場

8年前に行った時にヤシの実ジュースがあったんですが無味だったのを覚えています。

エメラルドビーチ

名前に通り、透き通ったエメラルドグリーンの海に真っ白な砂浜の海水浴場です。美ら海水族館の近くにあって水族館が終わった後に遊びに行くことができます。

最寄りの駐車場もあるので楽に移動することができ、ビーチは綺麗に整備されていて子ども連れでも安心して泳ぐことができます。

10年前に水着を持っていなかったですが、着替えの服だけを持って行っていたので、洋服で泳いだ記憶があります。

エメラルドビーチ

地元じゃ体験できない透明度の高い海。テンション上がりますよ。水中メガネを持っていくべきだったなと思いました。

ちなみにシュノーケルは禁止になっています。

備瀬のフクギ並木

美ら海水族館から車で5分程移動すると『備瀬のフクギの並木』があります。

備瀬の海岸沿いにフクギ並木があり、深い緑で日陰が作られており、その中をゆっくりと散歩することができます。

周囲が静かなのでリラックスしながら自分のペースでのんびりとすることができる癒しの空間です。

フクギ並木の中にはカフェがあるので、癒しの空間でゆっくり休むこともできます。

移動手段は歩きだけでなく、水牛やレンタサイクルもあるので自分に合った方法で移動ができます。

古宇利島(こうりじま)

古宇利大橋が開通して車で行ける離島です。透明度が高い海の上を通るので絶景スポットになっているます。

島内には古民家やさとうきび畑があり、昔ながらの風景が残っています。

島の奥にはハートロックといったハートの形をした岩があり、フォトスポットとなっています。

ハートロック

橋を渡ってすぐ左側に古宇里ビーチがあり、大橋を背景に写真を撮ったのを覚えています。海ってこんなに綺麗なんだなぁと思っていると、波が打ち寄せてきて、靴がびしょ濡れになったのもいい思い出です。

古宇利大橋

許田やんばる物産センター

名護市にある道の駅『許田やんばる物産センター』

許田ICを降りてすぐに許田やんばるセンターがあるのでお腹がすいたと思ったら立ち寄ってみてください。沖縄グルメが揃っています。

観光地の割引チケットもあり、前もって購入しておくのも良いかもしれません

ピザ喫茶 花人逢(かじんほう)

私が北部に観光に行った時に必ず寄るのが『花人逢』

ピザの味はもちろん美味しいのですが古民家風の作りになっており、店内の雰囲気が良く、外の席もロケーションが良いです。

akimatrixさんによる写真ACからの写真

室内でも屋外の席でも外れはありません。

山の上にあり、景色が良いのですがお店まで行くときは十分に注意して運転をしてください。

道なりに看板がありますが、ナビをセットしてから行くのがおすすめです。

宮里そば

実習先の先生が名護市に住んでいて、地元民が美味しいという沖縄そば屋に連れて行ってもらいました。そこが『宮里そば』

見た目・店内ともに年季が入った建物ですが、その分沖縄そばの味は美味しい。

長く続けられているのも沖縄そばのスープが美味しいからなんでしょうね。

メニューはソーキそばや三枚肉そばだけでなくカレーライスやスパゲティーをもあります。

まとめ

今回は私が実際に行ったことがある、観光地やグルメしか紹介していません。

沖縄北部にはまだまだ素敵な観光地があります。人気店になると待ち時間も多くなるので時間に余裕を持って行ってくださいね。

北部の上にもやんばる地区というまだ未開の地もあり、今度沖縄に行った時には行ってみたいと思っています。