みーさんBlog
子育て奮闘記ブログ
ベビー

0歳6ヶ月の赤ちゃんに読んでいる絵本③〜定番の絵本を借りることができました〜

絵本よりも身体を動かす方が好きな我が子ですが、小さい頃から色々な言葉を聞かせることが大事とのことで月2回図書館通いを始めました。

毎回貸出中である”しましまぐるぐる”と”だるまさんと”を見つけることができ、さらにSunnyの知育絵本も見つけたので一緒に借りました。

今回借りた絵本

いないいないばあのえほん

文字はなく、各ページに動物や子どものイラストが描かれていて、手のページで顔が隠されています。

手をめくってあげると顔が出る仕掛け絵本です。

いないいないばあの声かけでめくって遊ぶことができますが、人間のイラストがなかなか本格的でピエロは怖いです。動物は可愛いです。

著者:安野光雄

うるしー

”うるうるうるしー”の声かけでシルクハットの中から色々なものが出てきます。

シルクハットから少しだけヒントが出ていますがやや分かりにくいものもあります。

東京大学 赤ちゃんラボ発のあかちゃんが選んだあかちゃんのための絵本で、赤ちゃんが好きなキャラクターを使って絵本が作られています。

作:ロロン

監修:開 一夫

だるまさんと

だるまさんシリーズの第三弾。

いちごとメロンとバナナさんが出てきて、ペコッと挨拶やくっついたり、合体したりします。

擬音語が可愛らしく、赤ちゃんが注目してくれそうな言葉になっています。

作:かがくい ひろし

ショコラちゃんのABC

アルファベットにそったイラストが書いてあって、それぞれの単語と読み方が書いてあります。

読み方が日本語読みではなく、英語読みのフリガナつきなので英語が苦手でも大丈夫!

イラストも可愛らしいです。

あかちゃんはーい

まねっこえほん第2弾。

絵本のイラストを見て、文章を読みながらあかちゃんも一緒に真似することができる絵本。

6ヶ月の我が子は親が動かしてマネするようにしています。

コンパクトなサイズで薄いのでとても読みやすいです。

作:いしかわ こうじ

いろいろぱっ

Sannyの知育絵本。

左右対称の顔やコントラストの強い模様でイラストが書かれていていて赤ちゃんが大好きな絵本です。

20〜30cmのところで読むと焦点が合いやすく効果的とアドバイスも書かれています。言葉もオノマトペが多いので興味を惹きやすいのではないでしょうか。

文・絵・デザイン:La Zoo

監修:Sassy/ DADWAY

しましまぐるぐる

絵本のイラストは全てしましまとぐるぐる!

コントラスト強めの色が書かれていて、文章はしましまとぐるぐると擬音語で出来ているので赤ちゃんの注目度が高い!

興味があるのか本に手が伸びますが厚紙の絵本なので赤ちゃんが手を出しても破られることもなく安心。

生後6ヶ月までの赤ちゃんでも注目するとのことでこの本の通りでした。

絵:かしわら あきお

しろくろいろいろかくれんぼ

型抜き絵本シリーズの11弾。

片方には白と黒の模様のページがあり、穴が空いたページをめくると食べ物やデザート、動物が出てきます。

低月齢の赤ちゃんは赤・黒・白が分かりやすいと言われているのでこの絵本を見せるのもいいかもしれませんね。

6ヶ月の我が子はカラフルな色の絵本の方が興味があるようで同じシリーズの”どうぶついろいろかくれんぼ”や”のりものいろいろかくれんぼの方が好きなようです。

作:いしかわ こうじ

他のシリーズの感想はこちらから↓

0歳5ヶ月の赤ちゃんに読んだ絵本の感想〜仕掛け絵本と原色は興味を惹きやすい〜 0歳の赤ちゃんにはどんな絵本を読んだらいいのかなと思い、図書館へ出かけました。 図書館には赤ちゃん用の絵本ゾーンがあり、その中か...
https://me-sun.com/picture-book2/

まとめ

お目当ての絵本があり、初めて借りることができました。

今は予約して借りることもできるようですがなかったときは他の絵本と出会うこともできるのである時に借りようと思っています。

だるまさんシリーズ”は特に人気でなかなか借りれなかったのでラッキーだったかもしれません。

図書館通いの良いとこは無料で赤ちゃんの絵本を借りることができるだけではなく、大人も本を借りられるところです。

育児で読む時間はそんなにないと思いますが、興味がある本だと時間を作ってでも読みたくなってしまいます。

読書好きな方は一緒に借りると良いですよ。

赤ちゃん用の絵本を探すため図書館に行って初めて借りてしてみました。