みーさんBlog
子育て奮闘記ブログ
ベビー

赤ちゃんと一緒!雨の日にあったら便利なグッズ〜徒歩・自転車・車〜

保育園に通い始めると億劫になるのが雨の日。

赤ちゃんと一緒だとどうしても赤ちゃん優先になるので大人は濡れてしまうのはしょうがない。

でも本当は濡れたくない!

雨の日を快適にしたいと思い、さまざまなグッズを買い足しました。

我が家は晴れの日や小雨の時は自転車で送り迎えをしていますが強い雨の日は徒歩と車も使用するので新しく使えるグッズを購入。

今回は赤ちゃんがいる時に使える雨の日のグッズを紹介します。

雨の日のグッズ

  • ジャンプ傘
  • アンブレラマーカー
  • レインブーツ
  • レインコート
  • レインバイザー
  • レインウェア
  • レインシューズカバー
  • ベビーカー用レインカバー
  • 抱っこ紐レインカバー

ジャンプ傘

強烈な雨でない限り雨の日は傘を使用するのではないでしょうか?。

赤ちゃんを抱える場合、使える手は1つ!

購入するならジャンプ傘を購入した方がおすすめです。

大きめのサイズを購入すると大人も赤ちゃんも濡れにくくなります。

みーさん

車を使用するときにはジャンプ傘は必須!

アンプレラマーカー

車の乗り降りが必要ならこのアンブレラマーカー「Choito」があると便利。

車体にアンブレラマーカーが引っ付くので手で持たずに子どもを乗り入れすることができます。

使い方は手持ちの傘に取り付けるだけなので簡単です。

レインブーツ

最近は見た目がおしゃれなレインブーツも販売されています。

長さは足首までのものからふくらはぎを覆ってくれるものまでさまざま。

レインウェアであれば短めのものが良く、レインコートなら長めのレインブーツがおすすめ。

漕ぐときにどうしても捲り上がってしまうので長めのブーツなら濡れるのを防いでくれます。

みーさん

おしゃれなレインブーツは雨の日の気分を上げてくれます

レインシューズカバー

レインブーツよりも普段履いている靴を使いたい!という方は靴に被せて使えるレインシューズカバーがお勧め

履いている靴の上から履くだけで使用することができるので便利です!

ショートサイズからロングサイズまであるので交通手段に合わせて選択できます。

みーさん

仕事で運動靴や革靴などを利用している人にも使えるので便利

レインコート

レインコートは洋服の上に一枚着るだけなので脱ぎ着も簡単です。

徒歩で保育園に送り迎えするときにはレインウェアよりもコートの方がおすすめです。

大雨の日は傘+レインコートの組み合わせがGOOD!

自転車で送迎する方は膝まで捲り上がらないように設計されたレインコートやリュック対応のレインコートもあるので場面にあったものを選ぶと良いですよ。

みーさん

雨の日に自転車で送迎する時はレインコートの方がおすすめ

レインウェア

レインウェアはジャンバーとズボンに分かれています。

レインコートは膝下が濡れやすいですがレインウェアであれば濡れません。

ただレインコートと比較すると脱ぎ着が面倒で持ち運びも大変になります。

保育園送迎時は向いていませんが自転車ならレインウェアの方が濡れないので私はレインウェアを購入しました。

レインバイザー

化粧したのに雨で崩れてしまうと残念ですよね。そんな雨から守ってくれるのがレインバイザー。

レインコートやレインウェアは手足や髪の毛を防御しても顔だけは露出してしまうので濡れてしまいます。

そんなときにレインバイザーがあると顔が濡れにくいのが便利です。

みーさん

大雨の時はレインバイザーがあると便利です。

ベビーカー用レインカバー

持ち手と車輪以外の部分を覆ってくれるので、赤ちゃんを濡らさずに送迎できます。

雨だけでなく風や寒さからも守ってくれます。

抱っこ紐レインカバー

抱っこ紐に取り付けることができるレインカバー。

撥水加工がされていて雨から赤ちゃんを守ってくれます。

チャイルドシートカバー

自転車のチャイルドシートに被せて使用することができるので雨・風・寒さから守ってくれます。

パナソニックの電動自転車を購入したので今回は純正のチャイルドシートカバーを購入しましたが、純正でなければ価格が安いものも販売されてます。

みーさん

駐輪場に停めているときにはカバーをつけて急な雨にも備えています。

まとめ

送迎手段に沿って必要なグッズを購入しておくだけで赤ちゃんも大人も濡れにくくなります。

憂鬱な雨の日を快適にするグッズを使って保育園の送迎を楽にしましょう。