日常

入居時と退去時の料金を下げるために交渉してみました!

我が家は2ヶ月前に引っ越しをしました。

その時、入居時と退去時の費用は貯金から支払わなければならなかったのでなるべく費用を下げるために勉強して実際に交渉をやってみました。

最近は動画で賃貸物件を安くする方法や退去時費用を安くする方法が紹介されていて、その動画を元に実践してみたら安く済ませることが出来ました。

一方で交渉したけど難しかったこともあるので紹介してみます。

引っ越しの費用に関しては前回のブログで記載しているので興味があったらCheckしてみてください。我が家の引っ越し費用

賃貸物件の交渉に対する動画

YouTubeの両学長 リベラルアーツ大学の動画を元に勉強させてもらいました。

53分は長いと思ってしまいますが、分かりやすくまとめてあるので初心者の方でも理解しやすくなっています。全て動画を見ると賃貸物件の仕組みがわかるのでぜひ最後まで見て欲しいです。

それでもこんなに長く見るのが辛いと思ったらアニメーションで簡単にまとめている動画もあるので、こちらを見るといいと思います。

この動画を見る前は提示された額を素直に払っていましたが、かなりぼったくられていることを知り、実際にやってみなければ料金が下がらないことが分かりました。

知らないということはぼったくられやすく、本当は支払わなくていい料金まで払ってしまっていたんですね。

退去費用の交渉に対する動画

これまた両学長 リベラルアーツ大学の動画を参考にしました。

こちらの動画も53分と長めかもしれませんが、分かりやすくまとめてあります。必要なところだけをピックアップして見ることもできるので、時間がない方はタイムスタンプが動画の説明欄のところにあるので指定した時間から見ることも出来ます。

賃貸や退去費用だけでなく、マネーリテラシーを高めるための「お金の大学」という書籍も出しているので、ぜひ興味があれば読んでみてください。

私は動画も見て、書籍も購入して勉強させてもらっていますが、今までこんなに分かりやすくお金について解説しているものは見つけたことがありませんでした。

本の中身は全部カラーなので見やすく分かりやすいです。

実践してみたこと(賃貸料金編)

大家さん編

私が借りた新しい物件の大家さんはとても良い方だったので、最初からぼったくられている要素がありませんでした。

礼金はなく、日割りの対応にも応じて頂けました。

火災保険に関しても自分達で申し込みが可能だったため、申し込む際の条件だけを教えて頂き、その条件で契約すると7,000円ほど安く済ませることが出来ました。

もっと安くすることもできたのですが、土地の高さの問題で災害リスクもあるところだったのでプラス料金で特約をつけました。

鍵交換も自分達で行おうとしましたが、そんなに相場も変わらなかったので時間と手間暇を考えたら少し高いぐらいだったので、大家さんにお願いしました。

不動産会社編

1つの物件を3つの不動産会社が担当していたので、見積もりをお願いしたところ2件は同じ料金で1件だけが高かったのでそこは止めました。

2件のうちの1件はSUUMOではフリーレントOKと書いてある不動産会社でしたがフリーレントダメと言われ、そこも止めました。

最後の1件が他に見学しにいきたい物件もあったので、3件目の不動産会社で契約することに決めました。

コロナ禍で直接交渉ができないのが大変だったので、最初と2番目の不動産会社にメールで初期費用の価格を下げるように依頼しましたがメールも返ってきませんでした。

3件目のところだけ丁寧にメールで返信してさらに口頭でも説明をしてもらいました。

仲介手数料は値引きできるのですが、借主と貸主の同意が得られた場合は価格を下げることが出来ないと言われ、法律上についての話もしたのですが、これはなかなか難しかったです。

仲介手数料の値引きはなかなか難しい

記録に残すために契約前まではなるべく、メールやLINEでのやりとりで会話を残すようにしました。その分返信してこない不動産会社もあれば、電話をしてくる会社もありました。

実践してみたこと(退去料金編)

スタッドレスタイヤを自宅の中に保管していた結果、壁と床に跡がついてしまい、除去しようとあれこれ試しましたが取ることが出来ませんでした。

今回、火災保険の「借家人補償」を使ってみたところ6万円の保険が下りました。

引っ越す前に申し込んでいたので「借家人補償」の対応がOKでした。ちなみに引っ越し時に火災保険を利用することが出来ないので、必ず引っ越す前に申し込まなければなりません。

火災保険の契約会社と賃貸会社が連絡を取っていてくれたので、退去時費用からは引かれませんでした。

引っ越しの日までに修理はしていなかったので大丈夫だろうかと思っていましたが、大丈夫でした。

故意的でない損傷は火災保険を使用!

損傷したらすぐに連絡!

キッチンの壁だけが汚してしまったので3万円だけは引かれてしまいましたが、これも交渉すれば安くなっていたかもしれません。

ソファーの日焼けの後や壁にネジを入れて穴が開いていたのをパテで詰めたところは請求されませんでした。

この商品を使用したら、バレませんでした。

自分で直すことができるところは直していたほうが良いです。

元々入居時に6万円支払っていたので、3万円が返ってきました。

火災保険に関してはこの動画が分かりやすいです。

やれることはやっておこう

交渉するのは手間がかかるかもしれませんが、その分入居費用も退去費用も料金を下げることが出来ます。

不動産会社は口が上手いの納得させるようなことを言ってきますが、勉強してから話を聞くと明らかにぼったくられていることが分かります。

実際に交渉してみたら、安くなることも分かったのでやらなきゃ損です。