日常

食費を節約する工夫6選〜月2万円で過ごす〜

食費を節約したいと考えたことはありませんか?

食事は毎日行うことなので、絶対に欠かせない出費です。

どうやったら食費を抑えることができるんだろうと悩んでしまいますよね?

私は2年前から2人暮らしですが今でも食費は2万円で生活しています。工夫をすればどうにか2万円で過ごすこともできるので紹介します。

あくまでも体験談なので、無理はしない方が良いです。

食費を節約する方法

  • 月々の食費を把握する
  • 買い物の前に冷蔵庫の中身をチェック
  • 自炊をする
  • お腹が空いているときに食料品を買いに行かない
  • 安いお店で食料品を購入する
  • 購入の仕方を工夫する。

月々の食費を把握する

月々の食費がどれぐらいかかっているのかを把握しましょう。

レシートを取っているならば、必要なもの、そうでないものを分けると無駄な出費が分かると思います。

家計簿はアプリを使用すると手軽に記録することができます。

『マネーフォワードME』というアプリがおすすめです。

家計簿 マネーフォワード ME
家計簿 マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

月々の食費を把握したら、食費の目標を決めましょう。

買い物の前に冷蔵庫をチェック

買い物前に中身をチェックしてから出かけるようにしましょう。

覚えることが難しいならば、スマホのカメラで冷蔵室・冷凍庫・野菜室を撮って行けば、あとで見直すことができます。メモしていくよりも手間が省けます。

余計な物を買わないようにし、無駄が出ないようにすることで無駄遣いが減ります。

空腹時に食料品を買いに行かない

空腹時は絶対に買い物へ行ってはいけない

お腹が空いていると、あらゆる食品が美味しく見えてしまい、手に取って籠に入れてしまう可能性が高くなります。

普段であれば絶対買わない物なのに、お腹が空いているから余計な物を買ってしまうかもしれません。

必ず満腹の時にスーパーマーケットに行くようにしましょう。

自炊をする

外食は『原価』、『人件費(サービス費)』、『土地代』が含まれているので自炊よりも高くついてしまいます。

自炊であれば『原価』のみなのでコストを抑えることができます。

作る手間はかかって大変だと思いますが、節約を第一に考えるならば外食を減らして、自炊を増やした方がいいです。

私の家では月1回外食をするのみで、あとは自炊です。お弁当をや飲み会は自己負担となっています。

安いお店で食料品を購入する

近所にスーパーが多くあるならば、相場を見て、安いお店で購入した方が全体的に値段を下げることができます。

  1. 安さにこだわって、遠くの店まで買い物に行く。
  2. チラシを見て品物1つ1つを違う店で購入する。

①②のような買い方は時間がもったいないので、出来るならば同じ店で購入した方が良いでしょう。

購入の仕方を工夫する

  • 肉類・魚類はまとめ買い
  • 肉類は鶏肉メインで
  • 野菜はまとめ買いしない

肉類はまとめ買い

肉類・魚類の良いところは冷凍保存ができるところです。

1ヶ月分をまとめて購入して、小分けして必要時に解凍していきます。特に肉類は大容量で購入した方が安くなることもあります。

冷凍をするなら、割引している品物を購入するようにしていますが、肉類はドリップが出ているものは避けた方がいいです。

肉類は鶏肉メインで

鶏肉は豚肉や牛肉よりも安価です。特にレバーやハツ、胸肉は安いです。

国産にこだわらなければ胸肉とモモ肉は大容量パックを購入すると更に安く済ませることができます。

鶏肉は身体にも良いので一石二鳥ですね。

野菜はまとめ買いをしない

葉物野菜は1週間も経過すると傷んでしまいます。

傷んだ野菜は廃棄になってしまうので、結局節約ではなく、余計な出費になってしまうことがあります。

葉物野菜以外でも根菜は日が経つと柔らかくなってしまいと美味しい状態で食べることができなくなってしまうので、適時購入が必要かと思います。

あと最近は野菜の種類によっては冷凍保存が出来る品物もあるとのことなので工夫していくといいかもしれませんね。

まとめ

食費を節約するためには単に値段が安い店で購入するのではなく、満腹状態を作っておくことや冷蔵庫のチェックなど準備の時からが大切になってきます。

買い物をする時はまとめ買いをすることで、お店に行く回数を減らすことが出来るので余計な出費を減らすことができます。

ただ、まとめ買いをして賞味期限や消費期限が切れてしまっては余計な出費となることがあるので、効率よく買い物をしていきましょう。

あと、節約にこだわりすぎてストレスになってしまうといけないので注意してくださいね。