ベビー

膝と手・指のサポーターをネットで購入してみた〜子育てで関節痛が再発〜

20代の頃から右膝を痛めることが多く、病院に勤めていたこともあって整形外科の先生に相談し、レントゲンを撮影していました。

しかし異常は全くなく、他の病院でMRIを勧められたので撮影したら「膝蓋骨が脱臼しやすいね」ぐらいしか言われずはや5年。

職場のサポーターを借りていましたが結局、膝サポーターを購入して仕事時に着用していました。

産休に入ってからは膝痛が落ち着いていましたが赤ちゃんが縦揺れが好きと聞き、スクワットであやしていたら膝痛が再発しかも左側まで痛いので、再度サポーターを着用。

最近は親指の付け根や手関節も痛くなり、腱鞘炎になりそうなので新しく手と指対応のサポーターを新規に購入しました。

サポーター紹介

ベストフィットサポーター 手・指

簡単に装着が可能でしっかりフィットしてくれます。

固定の程度を変更したいときは金属プレートが2種類あるので、抜いた状態とプレートを入れた状態で調整することが出来ます。

①固定なし ②固定式金属板 ③弾力式金属板の3タイプに調整できます!

装着方法は説明書が入っていて、マジックテープで取り付けるので簡単です!金属板の取り外しも簡単なので調整も問題なし。

親指の第2関節は動くので物を持つことは出来ます。強度の高い固定式金属プレートは手首の動きや親指の第1関節は制限されるのでパスマホの操作や箸操作はしにくくなります。パソコン入力は強度の高い金属プレートを入れても可能です。

私は柔らかめの金属プレートを入れて作業をしています。

ベストフィットサポーター 膝

室内で生活する程度ならば膝の固定性もありながら動きやすさを邪魔しないサポーターです。

メッシュ素材の生地のサポーターを選ぶこともできるので夏場は通気性の良いこちらがおすすめ。冬場でもメッシュ生地を使っても問題なし。保温性を求めるなら通常の生地の方が良いと思います。

サイズ展開もS〜XLまであるので座った状態で膝周りを計測して購入できます!

マジックテープで上部と下部を固定できるので締め付け感の調整も出来ます。仕事で歩いたり、立ったり、しゃがんだり座ったりと色んな動きをしますが、外れたことは一度もありません。

我慢できない痛みは病院へ

Best fitting社のサポーターは比較的手頃なので購入しやすいと思います。手洗いも可能なので衛生的にも良いと思います。膝や手指の痛みに困っている方は使用を検討してみてくださいね。

我慢できないぐらいの痛みは整形外科に行って受診をしてください。あくまでも個人でできる対処法なので病院に行った方が確実だと思います。