みーさんBlog
子育て奮闘記ブログ
ベビー

授乳中だが1回目のワクチンを打って腕が上がらなくなって家事を旦那に任せた話

コロナのワクチンを打ちに行ってきました!

本当は医療従事者なので5月にワクチンを打てる予定でしたが妊娠中ということもあり打つのを止めてました。

6月に出産してそろそろ外出する機会も増えてくると思うのでワクチンを打つことにしました。

元々注射が嫌いなので採血や点滴、ワクチン接種は本当ならしたくない!

しかも今回は副反応が出やすいと分かっているので打つのにも勇気がいりましたがコロナにかかって隔離されて重症になるよりかはいいだろうと思い、意をして打ちに行きました。

ワクチン予約から大変

予約開始時間が10時からなのでパソコンの前でスタンバイしていましたが10時になった瞬間予約枠が埋まっていく。

しかも土曜日の埋まりが早すぎて、自宅近くの病院は予約できず隣の区の少し離れた病院を予約しました。

午前中が良かったですが午後しか空いていなかったので午後になってしまいました。

予約のコツとしては

予約枠が多いところをクリックしないとクリックした時には予約枠が埋まっていることが何回もあったので予約枠多いところをクリックする

あとはパソコンの方が見やすくて予約がしやすいような感じがします!

パソコンやスマホに慣れていない人は電話がいいのかなと思いましたが電話は繋がらないので高齢者の方は大変だっただろうなと思います。

1回目のワクチン接種

予診表を記入して提出しますが予診表から間違っており修正。

そして間違って貼らなくていいシールを貼ってしまっており、次回からは貼らないようにと注意される。

受付後熱を測ってすぐに先生の受診が終わり、看護師さんにワクチンを打ってもらって終了。

ワクチン後30分間は病院で待機して特に何も起こらず帰る。

ワクチン自体はチクッとした痛みだけで注入するときはインフルエンザのワクチンのような痛みはほとんどなかったので良かったです。(ただ人それぞれで旦那は痛かったらしい)

接種直後は買い物する余裕あり

自宅に着く前に調味料やら洗剤、もしものためのポカリスエットをドラッグストアで購入。

袋2つ分で結構重かったですがまだ腕の痛みや腫れもなく余裕でした。

腕も上がるので車の運転も問題なく、自宅に到着。

徐々に腕の痛みが出てくる

ワクチン接種3時間後から腕の痛みが出現。

6時間経過して腕が上がらなくなってきました。

利き手で我が子を抱き、あやすことはできたけどやっぱり腕は痛い。

就寝時、ワクチンを打った左側を向いて寝るのは難しく仰向けか右横向きだけしかできませんでした。

肩がとうとう上がらなくなる

起床後、腕痛い・腕上がらない。

我が子を抱き上げるのは肘を曲げてどうにか可能。

ただ授乳で左右の乳を入れ替えるときの方向転換が痛すぎる。

手を伸ばすと痛いので布おむつはやめてその日だけは紙おむつにして楽を取りました。

お風呂や料理は旦那に任せて、子育てのみに集中。抱っこは痛かったのでバウンサーでほぼ過ごしてもらいました。

2回目が怖い

ファイザー製のワクチンを打ったので次は3週間後に2回目を打たなければなりません。

腕の痛みに肩が上がらなかったので2回目は大丈夫なんだろうか?

発熱に倦怠感が出たら次は確実に子育てにも影響が出ます!

世の中のお母さんはパパに子育てに頼めるように前もって準備していた方がいいかと思います。